詩人の血

今日も作詩、明日もまた、本格詩人のブログ。

世界は何も起こっていない

2008-10-25 11:17:46 | Weblog
世界は何も起こっていない・・・静かな曇天に
           日蓮御書読みつつ ソファーでうたた寝


明日の朝6:20のフライトで南へ
        リーフの風 サンシンの音は光の中で


我が幸せをつかむのも世界平和を実現するも
            闘い取るもの言論戦 創価の庭で
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

良書を読まれるべき!

2008-10-24 08:20:44 | Weblog
束帯や袈裟に囚われて・・・ナルシスの水鏡まどろみ・・・
           目覚め! 目覚まし時計は君よ甘味な音か?進もう前へ!


批判の命は地獄・修羅 批判の批判は無間地獄
         自身のプライドのための批判 凶器の刃 目的は?


良書を読まれるべき・・・トルストイ ロマンロラン ゲーテ
              そして池田大作 このサードミレニアムの黎明に
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

変身の妙

2008-10-23 21:12:18 | Weblog
犬は犬 熊は熊 人・人のみ変身の妙 地獄・餓鬼・畜生
            修羅・人・天・縁覚・声耳・菩薩・仏 十種の命宿す


私の腹に寄生する地獄の蛇虫よ!
          留まれよ 妙法で仏としてみせよう


ミュージック ミュージック 腹黒い丹田に白光の
              愛 慈悲 注ぎ込み美しくなれ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

輝ける雲

2008-10-23 09:01:43 | Weblog
太陽光に雲が犯されている輝きの雲ら
            動きつつ力動満ちている東雲が


昼と夜を繰り返している リズム リズム・・・
           神聖な夜明けに君らはまだまどろんでいる


創価第三文明の偉大な夜明けは建設の槌音で始まる
         南無妙法蓮華経 南無妙法蓮華経 南無妙法蓮華経
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

地獄富士

2008-10-22 08:27:04 | Weblog
丹田に慈悲の白光満ちて玉に
        憑く異形の黒蛇体 陳腐な弁証法?


ガイアから湧き出る菩薩 法華経の予言を
         成就のために唱題続けて紅葉美し


昏い海底火山の色調の富士に黒い海蛇ら
            遊よくし己の尾を噛んでいる
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

司令室

2008-10-21 16:35:25 | Weblog
3LDKのマンションにて書架5 CDラック1
          司令室にて戦術を読み 聞き 書く 我 思想兵


外部インターフェイスはTV パソコンに限る
         研ぎ澄まされたナイフ言葉もろともの地獄部屋


この首を落として見せようか偽善者!
          地獄とて人の領分ならば墜ちよう
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

東北アジアの風土病

2008-10-21 08:39:44 | Weblog
龍蛇信じて 日中韓の腹の虫 似たりよったり
          東北アジアの風土病 ハラワタ煮えくりかえる


腹の虫 疳の虫 虫 虫 虫なの
       樟脳 アンモニア 中性洗剤にヨ・ワ・イ^^


仏教セクト色々有れど日本は「葬式仏教派」
           経典は二の次セクト内の抗争見た事無し
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

朝の風景

2008-10-20 08:06:41 | Weblog
蒼穹に根付いた枝葉が大気を捉える
         まるで大地の地下茎が水を求めるように


木々を巡りゆく小鳥ら血液赤く
       枝枝はコツコツ透明樹液に彩りを添え


大気の抵抗を掴む翼は暗色に発光 百舌鳥
          水で泳ぐようだ「飛ぶ」という行為
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

直立する木々

2008-10-20 05:33:07 | Weblog
樹木が大地から水を吸い上げて
       噴水の木々が水を地上高く持ち上げる


緑の牧場は水の絨毯 そして木々は
          大地を彩る大噴水 みずの惑星


朝まだきひっそりと草木の根から樹液が
          枝葉に昇ってゆく音が聞こえよう
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ヘルメット

2008-10-19 09:32:07 | Weblog
こんな日差しがあったのだ・・・輝き! 輝き!      
           遠く見る街街に光が渦巻いている


太陽光の圧力を感じながら深い意識へ
        古代インドの飛び地だろ日本列島


ノイズの黎明のような唸るエレキギター
         ビル倒壊の後の砂塵ヘルメットは
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

暖かき陽光

2008-10-18 16:47:28 | Weblog
陽光にカットグラスの輝きが散りばめられて
           こんこんと溢れ出る言葉の泉がある


大空の腕に抱かれて空色になる体
         胸板あたりに白い雲の漂う


昨日 出会いしオクタビオ・パスの書物
          読み続け活字暗くなるまで知らず
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

光との遊び

2008-10-17 09:55:27 | Weblog
ビルや並木道が渦巻く陽光の降臨に
          影さえ失い白に消え去る
           

さあ目を閉じて眉間で光の音を聞こう
        ああ赤い色の巡り巡る風声が一つ


風 陽光 雲 胸広げ 空 抱く
         すると小鳥が輝きだす
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Yoga

2008-10-16 08:00:32 | Weblog
あさやけ しののめ 仏間で飼う栗毛の馬
            その瞳に鈍く青空と紅き雲映るかな


純黒の太陽の臍から大白光は暉々(きき)として
              眉間の光が交差するベランダの陽溜まり


Yogaもどき澄明な大気を数 数えながら
           鼻腔からゆっくり吐いたり吸ったり
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

法門

2008-10-14 13:06:34 | Weblog
天界と地獄知れる娑婆界 人の住む ならばうつつを
         南無妙法蓮華経 天にて遊び 地獄は慈悲光


髭曼荼羅 板の間に鎮座し南無妙法蓮華経唱えれば
               右に白光の菩薩 左あくまで黒い鱗の魔 出来す


我が一念の生命に地獄・餓鬼・畜生・修羅・人・天・声聞
       縁覚・菩薩・仏 宿りて仏界の地獄 餓鬼界の菩薩 命 止まらず
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

火宅

2008-10-14 10:16:11 | Weblog
耳つんざくノイジィーな電気ギターの暴虐 横たわり
        追い立てられる地獄の住者 爛れた皮膚 飛び出す眼球 ウッぅ


戦死でもだしてこい自衛隊 貴様らのブッ弛み
            未だに実戦の一つも無いことに尽きる


書架の禁書には黄金の毒蛇住みガソリンの本の衣魚
              死体の燃える臭い火宅の炎の骸はキーボードを
コメント
この記事をはてなブックマークに追加