詩人の血

今日も作詩、明日もまた、本格詩人のブログ。

万葉集について

2017-07-11 10:25:09 | Weblog
古橋信孝著『万葉集を読みなおす』より

うたはこのようにかならずある対象(特定で
なくともよい)に向けてうたわれるものだった。
そしてそのうたによって人々はある特殊な
世界に転移できた。これは、うたの〈共同性〉と
呼ぶことができる。
『短歌』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 四行詩NO.2 | トップ | 自由律短歌ニ首 »

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。