詩人の血

今日も作詩、明日もまた、本格詩人のブログ。

光子

2017-01-03 23:29:10 | Weblog
光の下で独り言をつぶやいて
この瞳に光のつぶてを焼き付ける
光をいっそこの手でつかみ捕らえてしまえ
魂の中に一二滴 光子を垂らしてミゾオチあたりで撹拌だ
あなたの心が太陽のように輝けば
活字がまぶしさを増して眼球に飛び込んでくる
出会ったものは感化され輝きが伝染する
『ポエム』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 星の進化 | トップ | 天使の気息 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。