詩人の血

今日も作詩、明日もまた、本格詩人のブログ。

自由律短歌三首

2017-08-05 12:46:59 | Weblog
立原…ささやかな異地の灰は浅間山が
君の夭折を悲しんで泣いたのだよ…


俺には宗教を選ぶ自由は無かった神が召し出されたのだ
この俺をそれは神の一兵卒になることに尽きている


気が付いた者から己を虚しくして他人に優しい言葉をかけよう
「死して成れ」金と物質に酔った世界から目覚めて
『短歌』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 人口爆発の意味 | トップ | 四行詩NO.28 »

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。