詩人の血

今日も作詩、明日もまた、本格詩人のブログ。

死の天使と呼んどくれ…

2017-03-21 19:09:24 | Weblog
たとえ真の正義の大義があるにしても、
呪術で呪うのは、効果があるにしても、
人には勧めない。成功しても後味が悪い。
アメリカの開拓民がインディアンを人間か
どうか真剣に考えたように、オレの呪詛する、
ロスチャイルドやロックフェラーの存在が
人間か悪魔の実体か真剣に考えている。
ジャンル:
超常現象
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 紛争の火ダネ | トップ | 国家背任共謀罪 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。