詩人の血

今日も作詩、明日もまた、本格詩人のブログ。

(未完のノート)Ⅶ

2016-10-17 10:33:59 | Weblog
傷ついた小さい野獣のように、もし私が叫ぶなら
誰が それを聞くだろう、誰がそれを捕らえるだろう
そうして 粗い草に身を投げて 私の眼があてなく
空をさがすなら あわただしく 誰が空を信じよう
『立原道造全集4』「火山灰」ノート
『ポエム』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 完熟のパパイヤ | トップ | 真理への旅 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。