詩人の血

今日も作詩、明日もまた、本格詩人のブログ。

寒食

2017-02-12 10:58:02 | Weblog
寒食
暖かい江南地方(長江下流の南)では、仲春二月に
なると、色とりどりの花が枝に咲きこぼれる。
異郷の地で迎えた寒食節は、さらに悲しい。
明朝、煮炊きの火をあげないのは、別にあの非業の
死をとげた介子推の御霊を弔うためばかりではない。
ひどい貧乏暮らしで、ともすれば、炊(かし)ぐ米が
ないからなのだ。(孟雲卿)
『唐詩歳時記』より植木久行著
『今日の献立』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 沈黙の中 | トップ | 綺麗に残酷 »

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。