詩人の血

今日も作詩、明日もまた、本格詩人のブログ。

ちっぽけな島の時

2017-05-11 10:52:03 | Weblog
太陽が眩しい
風が海風が吹き抜ける

南のちっぽけな島の午前
静かだ風の音が聴こえる
小さな蝉が鳴いて過ぎる 時

軽い朝食を済ませたなら
シュタイナーを読みながら
二度寝のようす

窓からの光
すべてが輝きに満ち満ちて

訪れる人もいない
NET RADIOを解放して
一人静かな時を味わう
ジャンル:
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ディヴィト ボウイ『ブラック... | トップ | 『魂のこよみ』シュタイナー »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。