詩人の血

今日も作詩、明日もまた、本格詩人のブログ。

背中の後ろを流れる霊

2016-12-24 22:18:14 | Weblog
無定形で、あらゆる現実の事と言に姿を変えていくという、
この「霊」は、驚くほど私たちの「貨幣」に似ては
いないだろうか。貨幣もそれ自体としては、「無形の流動体」
にほかならない。そのかわり、それはこの商品社会の中で、
ありとあらゆるものに、姿を変える己を実現してゆく。いや、
むしろ、そうやって姿をかえ、みずからを変態してゆくたびに、
貨幣は自己を実現してゆく。貨幣は交換されるたびごとに、
別の商品に姿を変えてゆく。そして、その変態が社会全域に
おいて、活発におこなわれていると、私たちの世界は、豊かさの
現実としてとらえるのだ。
古代人のことを、霊による資本主義者と呼ぶべきなのか、
現代人のことを、貨幣による言霊主義者と呼ぶべきなのか、
いずれにしても、ふたつの異なる世界は、豊かさや幸福と
いうことに関して、極めて似かよった思考方法を、愛好して
いるのだ、ということがわかる。(中沢新一)『日本文学の大地』
ジャンル:
超常現象
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« マテリアルと霊的進歩 | トップ | Tight Rope(buck-tick情死官... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。