詩人の血

今日も作詩、明日もまた、本格詩人のブログ。

内面の写生

2017-07-17 11:23:21 | Weblog
透明なアクリルキャンバスに色を重ねて
音楽が聴こえるような形態を描く
アクリルから透けて見える植物
花を訪れる蝶ら 小鳥の声が色彩を決める
重ねゆく時 一筆は人生の過ぎ行く思い出
時は色彩となり形態を決めるから
目をつむり色と形の絡み合いを見つめ
アクリルをキャンバスに落とす
音が音が聴こえて 回転木馬は
『絵画』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 自由律短歌ニ首 | トップ | 四行詩NO.9 »

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。