詩人の血

今日も作詩、明日もまた、本格詩人のブログ。

風よ歌え

2017-08-09 22:30:13 | Weblog
夢や風が通り過ぎて行く
二度と再び巡っては来ないこの時の中
目を開けたまま見ている夢と
頬を撫でて行く風と
この胸から溢れ出る暖かい呼吸と
体内を巡る血液の鼓動
それらのリズムに合わせ
風よ歌え
時を数えて
風に乗って
時の進みに包まれて
リズムを打ち
歌え風よ
ジャンル:
お天気
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 自由律短歌ニ首 | トップ | 四行詩NO.32 »

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。