詩人の血

今日も作詩、明日もまた、本格詩人のブログ。

白居易

2017-04-04 20:06:50 | Weblog
山僧対棋座
局上竹陰清
映竹無人見
時聞下子声

山寺の僧と碁盤に向かっていると、
その盤上には、竹のかげが清らかにさしている。
竹林にさえぎられて観戦する人もなく、
時おり碁石をうつ音がひびきわたる。
(白居易)『唐詩歳時記』
ジャンル:
学習
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ゲーテの詩 | トップ | エレウシスーヘルダーリンへ »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。