詩人の血

今日も作詩、明日もまた、本格詩人のブログ。

『唐詩鑑賞辞典』より

2017-05-03 12:50:47 | Weblog
独り敬亭山に座す
(ひとりけいていざんにざす)

たくさんの鳥が空高く飛んで、どこかへ消えていった
たった一つ浮かんだ雲がのんびりと流れて行く
じっと見つめあっていて、お互いいつまでも見飽きないのは
ただ敬亭山があるだけだよ(李白)『唐詩鑑賞辞典』
『本』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『魂のこよみ』シュタイナー | トップ | 太陽の孤高 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。