詩人の血

今日も作詩、明日もまた、本格詩人のブログ。

美辞麗句

2017-07-13 20:48:55 | Weblog
美辞麗句で着飾って

NHKの国際ニュースで見た、中東の街並み…
破壊され壁には砲弾の痕跡。砂ぼこりを立てて
装甲車のキャタピラが大地を傷つけて行く。
ここには何人の死骸が埋まっているのか?

水害で破壊された集落を見る。人間の意志を
砕くように戦禍の後も天災の後も心に暗い影を
落とす。

夕餉の後、部屋に入りNET RADIOをかけるも、
破壊の痕跡のイメージが頭に浮かび離れない。

美辞麗句の詩文を詠んでいることは、一種の逃避?
おのれの均衡を保つ手段?言葉の魔術に酔っていたい?
麻痺しているくらいがちょうどいいか?偽善者の綺麗な
言葉を並べ立てる…まるで広告代理店のコピーライター
のように。痺れている位でないと正気が保てない。
ジャンル:
文化
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 海底都市 | トップ | 四行詩NO.5 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。