詩人の血

今日も作詩、明日もまた、本格詩人のブログ。

アンビエントを聴いても

2017-08-21 11:10:34 | Weblog
何に憧れているのだ!
我が魂
書きまくっても満たされぬ
アンビエント音楽を聴くと
鼓動が少し落ち着く
心地よい海風 紺碧の海 青い空
輝く太陽 巨大な入道雲
四行詩を読み終えたのに…
空虚な凍える魂を抱えて
憧れが 憧れて まなこに映らぬ世界に
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

想い

2017-08-21 10:04:30 | Weblog
つらかった想い

決っして弱音は吐かなかった
一つでも愚痴めいた事を言ったら
ガラガラと自我が崩れ去りそうな気がしたから

綺麗な言葉で飾り立てたんだ

苦しかったから「美」を求めた
慰めの「音楽」を必死で求めた
助けを求めて「聖書」に食らいついた

「この世に不必要なものなど一つも無い」
この言葉を呪文のように唱えて
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

短歌三首

2017-08-21 09:56:22 | Weblog
霊魂は空から降りて来るものだ「たまふり」時に「みたまふり」等


花々に蜂の羽音が集まって風の広野に色彩添えて


孤立した沈黙の時 楽しんで花鳥風月 湧き立つ言葉
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

四行詩NO.43

2017-08-21 09:39:35 | Weblog
四行詩

NO.43
森閑のただ中
星と森は
遠のき
そして近く

*NO.43まで続いた四行詩もこれで終了です。
今まで読んで下さって有り難うございます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

四行詩終了です

2017-08-21 00:21:30 | Weblog
四行詩の自家中毒、痺れ薬、秘薬もNO.43をもって
終了。今日の朝最後の四行詩を投稿して終了です。
今まで読んで下さって有り難うございます。今後は、
自分で呼び水しちゃったけど、旧約の三預言者からの
告発文学?花鳥風月の自然詩。まあ気分ってこと…
まったく理論的でなく、感情、気分。これで行きます!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加