吉澤兄一のブログ

お江戸のど真ん中、平河町から、市井のトピックスを日記風につづりたいと思います。

広がるインターネット(Web)調査の課題

2017年03月20日 | Weblog
簡単、早い、安いがウリで、広がるインターネットやWeb 調査。大量の調査や双方向調査も出来ると普及する。インターネットやWeb および P Cや端末機器の普及が、これを促進させている。大量のマスターサンプルや目的的パネルサンプル・ベースを用意している調査会社やWeb会社が、種々のソフトウエアを武装しているとセールストークする。調査の設計、実施、集計、分析などのシステムやソフトウエアが、インターネット(Web)調査の需要を支えているという。

しかるに疑念や不安が拭えないのはなぜか。インターネット(Web)調査をビジネスにしている調査会社のいまの技術武装の弱さだ。インターネット調査の精度や信頼性向上への取り組みが見えない。早さ、簡単さや安さで、営業促進をするのみで、インターネット(Web)調査の正確性や信頼性の確かな論証がない。調査目的や調査対象と調査母集団や対象者特性との真摯なすり合わせがない。性別や年代や職業および地域や業態などの照合は当然だが、この程度が精いっぱいの有様だ。

世の中の多くの人々や面接調査や会場調査などで協力回答してくれていた人々と、インターネットやWeb.調査に協力回答してくれる人々の最大の特性差を明確に説明していない。両調査対象(者)の行動特性や心理特性と調査協力への態度の違いを説明できていない。同じ目的や同じ地域や同じ調査項目の調査を 同じ時期に実験調査などをした両調査の結果差異分析研究などが公表されていない。

とにかく安い早い簡単と、ただ営業販売に走っている姿が インターネットやWeb 調査への信頼性が高まらない事由だ。調査で得られた回答や数値の裏にある調査協力回答者の特性を、人口学的な特性を越えて説明できる研究や仕組みへの取り組みを希望する。顔が見えない回答者の行動特性や心理特性を説明できることが、信頼感と安心感を醸成するだろう。関係者の取り組みを期待する。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« この10年、わたし周りの観... | トップ | 街路樹哀話 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。