吉澤兄一のブログ

お江戸のど真ん中、平河町から、市井のトピックスを日記風につづりたいと思います。

一般消費者(世帯)家計における食料費の変化

2017年08月09日 | Weblog
政府や日銀の言い分と少々異なる一般消費者の家計。ここ5~6年の消費者市場は、多くの方面において縮減傾向だ。総務省統計局の家計調査(総世帯平均/全国)をみると、ここ5年の世帯平均年間消費支出額は2012年の297万円、13年の302万円、14年の302万円、15年の297万円、2016年の291万円と低減している。勤労者の平均年賃金所得も、ここ5年410万円台を前後して停滞している。”入り”が上昇していないのだから”出る”を抑えるのは、当然の成り行きであろう。

より具体的に消費者家計支出の内容を日本チェーンストア加盟社合計の売上高を年次別にみると、2006(H18)年総販売額14兆円に対し2015(H27)年13兆円と1兆円も低減している。内訳をみると、食料品売上額こそ約8兆5000億円とこの十年ほとんど変化ない(増えてもいない)のに対し、衣料品は1.8兆円が1.2兆円に34%減少、その他の住関係費も2.8兆円が2.7兆円と5%減少している。サイフのヒモを堅くする消費者の家計行動は、衣料品や家庭用品などの支出に表れるが、食料品分野にも表れる。

前述の家計調査をみても、全体としての家計消費支出額が横這いから低減傾向にあるなか、家計の食料費支出額はここ5年微増している。2012年の769千円、13年の780千円、14年の793千円、15年の813千円、16年の815千円と、2016年は5年前(2012年)より平均4600円、率にして6%増えているのだが、その中身が変化しているのだ。ふつうは、年々低減しているのかと思っていたエンゲル係数が、ここ5年25.9%、25.8%、26.3%、27.4%、28.0%と2ポイントも上昇しているのが昨今だ。

なかなか楽にならない家計生活なのに、”食べること”の節約は難しいということなのだろうが、このような家計事情の中にあっても多くの女性消費者は、買うモノの価格や金額への節約以上に、時短や労短を指向するようだ。外で働いたり、家事や子育てで汗しているのだから、家事や食事づくりでは時短したいし、手をかけないようにしたいと、食事食料関係費での外食や中食にかける支出が増え、自分で調理する内食材料にかける支出が低減している。

土曜、日曜などだけでなく週日でも、「きょうは外食したい」「きょうは宅配食や出来あいにしたい」と思う人々が増えている。老いも若きも、買い物や家事や食事づくり以上に”したいこと”や”すること”が増えているということこそ、暮らしが豊かになり、レジャーや文化の生活シェアが高まった証左なのだろう。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 世界の牛乳と豆乳の飲用(量... | トップ | 四季自然の変化に生きる »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。