吉澤兄一のブログ

お江戸のど真ん中、平河町から、市井のトピックスを日記風につづりたいと思います。

横浜(菊名)の高木学園女子高等学校で出前授業

2016年10月19日 | Weblog
2016年10月17日(月)午前9時40分、少々冷たい秋雨の中を、地下鉄麹町駅に入る。ひとつ先の永田町で、半蔵門線は中央林間行で渋谷に向かう。地下深くもぐり込んだ東横線渋谷駅より元町・中華街行の特急に乗る。

約束の10:45より5分ほど早く菊名駅到着。本日の「豆乳食育移動教室」をアレンジしてくれた田中さんと、タクシーで高木学園校に向かう。午前11時少し前、同校家庭科の宮島先生(教諭)にお会いする。挨拶や教室・設備や生徒さんなどの照会などのあと、11:45始業に向け、パワポの設定や教材の配布などの準備をする。

同校家庭科の生徒44人が、本日の聴講生。宮島先生の挨拶&紹介後すぐに授業に入る。先ずは、豆乳って何?から入るのだが本日は少々外し、日本の食料自給率を食料全体からと品目別から解説。小さな国日本と大きな国アメリカやオーストラリアなどとの自給率や食糧調達の違いを講義。世界の農業や穀物やその他の食料調達の違いなどについて話す。

講義の行き着くところは”豆乳”なのだが、その間に人々の栄養摂取やたんぱく質摂取の推移や今と、いま”たんぱく質”摂取が大事になってきた事由を説明した。テーブルの上に配置した「豆乳」を飲みながらの質問などを受けて、本日の出前授業を閉めた(12:45)。

あとのフォローや片付けなとを田中さんにお願いし急ぎ、タクシーで菊名駅に。横浜駅は7番線より13:07JR上野東京ラインで、さいたま新都心に14:20ごろ到着。豆乳JAS改訂原案作成委員会の席に着いた。本日の昼食は200mlの調製豆乳ワンパックでした。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 議員・政治家や役所・公務員... | トップ | ふる里道の駅ひたちおおた黄... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。