吉澤兄一のブログ

お江戸のど真ん中、平河町から、市井のトピックスを日記風につづりたいと思います。

21世紀(2000年)生まれが 光る!

2017年04月23日 | Weblog
春光るは、よく使われる俳句の季語だが、このところ21世紀生まれが光る。2000年は、平成12年だから平成に入って10年少し経っている。90年代後半は、景気経済が後退局面に入り落ち着きのない世の中だったが、そのような世の中を変えようと、小泉政権が立ち上がったのが、ちょうど2001年の時期だ。

地下鉄サリン事件時の自社政権から社民、さきがけ、新進そして民主党結成へと政治も世の中も混沌とした時代。消費税増税(3→5%)と拓銀や山一證券の破綻などの重なりが、その後の景気低迷を暗示した。自自公連立政権の小渕首相が地域振興券や2千円札の発行などをするも景気は低迷する。

いまの16~17才の若者たちが生まれた2000(平成12)年の翌年は、ジャスダック・ジャパン市場の発足やIT革命などに加えて、郵政民営化の小泉政権が「構造改革なくして景気回復なし」を主訴するも、経済はデフレ経済真っ只中を脱却できず。2001年911のニューヨ-ク同時多発テロが世界に走る。

そのような時代に生まれた今17才。サッカーの久保建英君や平川怜君、卓球の伊藤美誠や平野美宇さんに、フィギュアの樋口新葉や三原舞衣さん。皆さん17歳(含、16歳)だ。デフレ脱却ままならぬ世の中にあって、春光る希望だ。とにかく、怪我やカラダの故障なくガンバッテください。多謝。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« イレブンハンドレッド(1100... | トップ | 緑風薫風の時節 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。