吉澤兄一のブログ

お江戸のど真ん中、平河町から、市井のトピックスを日記風につづりたいと思います。

せこい、こすい、こざかしい ”ずるがしこい”人がいる!

2016年05月27日 | Weblog
むかし寸借詐欺や結婚詐欺が、いま振り込め詐欺。ただ息子や孫を語って詐欺かと思えば、いまは分担型や劇場型詐欺。脚本家や演出家までいるらしい。この欺瞞や詐欺には、偽善や偽装がつきもののようだ。

ただいまは、このような難しい漢字の偽や欺は使わない。ただの”ずるさ”や”せこさ”が、せこいことをする。小さな地方市町村議会の議員さんが”たまに”と思っていたら、大物が出た。見せかけ知的階級上層の東京都知事さんが、代表した。

「ずるい」も 漢字だと狡い。「こすい」も同じ漢字だという。悪賢く、せこいことだ。どなたかが言った惨め(みじめ)なこと、この上ない。みじめは、見じ目でもある。ずるがしこい(悪知恵)を越えて、こざかしい。口先のうわべがあって、誠や真がない。

何をどのように言っても、説明にも釈明にもならない。恥ずかしくて、説明できないのだ。疑う見識もない。いましばらくは、せこいトップリーダーのもと、みじめに暮らすしかないようだ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2015年私撰俳句絵本『日々折々 日々句々』を上梓

2016年05月22日 | Weblog
俳句を習い始めて2年半。通勤往復の地下鉄の中で、街歩きの街路上で、休日や朝夕の散歩や郊外や田舎への電車のなかで、新幹線や飛行機での移動中など、短冊がわりのスマホにメモリーしている日々折々の詠句。

毎日スマホ・メモリーをパソコンに入力する俳句が、一年目420句、2年目370句になっていた。いまも、一週間7〜8句入力している。季重なりや5−7−5崩れや説明調句や自縛句など、とても俳句と呼べない句がほとんど。毎日の習いや続けることが大事と、いまもつづけている。

一年目2014年の俳句を『はじめての俳句』として単行本にさせていただいた(2015年3月15日発行)のに懲りず、二年目2015年の俳句370句より65句を私撰し、2015年私撰俳句絵本『日々折々 日々句々』を上梓した。

絵本にしたい、楽しい本にしたい、本らしい本にしない、御朱印帳タイプの体裁にしたい、月季メインの句を円相絵にしたい、新鮮感を出したい、などなど。師友の谷内田孝さんに相談、円相絵の素敵な本扉も作っていただいた。表1や表4も落ち着いた体裁になった。わたしの74歳の誕生日2016年5月14日の刊行で上梓。限られた発行数だが、みなさんの推敲と叱正をお願いしたい。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

連休の谷間の若冲展

2016年05月07日 | Weblog
連休もそろそろ終わりの谷間の5月6日(金)。5月3,4,5日の3連休の好天に続いて、きょうもまずまずのお天気。いつもどおり午前9時、事務所に入る。シゴト感が戻らず、書類ファイルをくくったりPCのメールを覗いたりで時間が過ぎる。

午前10時、1階の友人会社にお邪魔する。モーニングコーヒーをいただき、とりとめもないオシャベリをしたのが、本日のウォーミングアップ。事務所に戻りシゴトに着手。ただ、簡単をややこしく考えたり、数字を足したり引いたりしているうちに時計は、12時。ランチに出る。

14時、午後のシゴトに区切りをつけ外出。15時JR上野駅は、北公園口で家内と会い、連れだって東京都美術館に向かう。先日(5/1)入館を断念した伊藤若冲生誕300年記念の「若冲展」に足を向ける。人気は、連休の谷間にも表れた。人、人の行列にビックリだが、先日(5/1)ほどではない。約1時間ほど並んで、エントランスだったが・・・。

いざ、切符を切って展示室に入るのに又30分ほど。足を棒にして入場したが、若冲の絵は、先日のテレビ(NHK)紹介以上に輝く。群(金)鶏図や白鶴図や小さな生き物や虫たち(群虫図)など、生きものやいのちの躍動を描いている。やはり、圧巻は動植糸采絵。人力を越えた作画と言っては失礼になる。大いにエネルギーをいただいて帰宅した若冲展でした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

連休の谷間に奥村土牛展

2016年05月01日 | Weblog
きょうは連休の谷間だから・・・と上野は、東京都美術館に向かった。人気の「若冲展」がターゲット。開館30分前に並ぼうとしたのだが、すでに”あきらめ”の気分。人、人、人の列で、2時間以上の待ちだという。熱中症にならずとも、2時間は並べないと断念。J R 上野に戻る。目標を恵比寿に変えた。

恵比寿駅から駒沢通りを歩くこと15分。広尾は山種美術館は、奥村土牛展に入った。100年歳絵一筋の土牛は、何時みても心に響く。四季の自然と小さな動物や木花などの生き物への慈しみを絵にみる。画いた絵ひとつひとつに、彼の息遣いが感じられる。自然や生きものへのやさしい眼差しに、心打たれる。

その美術館を後に広尾から恵比寿まで、また歩いた。そろそろ冷たい物か甘いものがほしいと思うが、同行の家内が昼食までとウンと言わない。J R から地下鉄で帰る途中昼食&カフェ。ついでにショッピングして、午後4時近く帰宅。汗ばむ連休の谷間でした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

人を育む禅学の「正眼短期大学」60周年記念式典参列の記

2016年04月30日 | Weblog
前日(2016年4月28日)の風付雨天とは打って変わっての青空。青天と清々しさに誘われ早朝散歩。此処は、岐阜県美濃太田駅前の坪内逍遥銅像前。美濃国太田村生まれの坪内逍遥については、説明を要しないと思う。まだ止まぬ雨の中をチェックインしたシティホテル美濃加茂の真ん前だ。

きのう夕食をとった中山道太田宿側とは反対側の美濃太田駅北口方面にわたる。緑の薫風が爽やかな公園や街路を散策し、ホテルに戻る。同伴の岡田師友は和食、わたしは洋食のホテル・レストランでの朝食をとり午前9時、正眼短期大学迎えのバスに乗り、伊深の里は正眼短期大学前に到着。早速の受付と茶席を経、開学60周年記念式典会場に入る。

禅文化棟の改築や図書館耐震改修の竣工披露を兼ねた開学60周年記念式典の開催は、2016年4月29日午前10時。杉林や雑木林の清々しい青風の中、式展はおごそかにすすむ。幕開けは、筑前琵琶奏者 田中旭泉さんの宝船&那須與市。学長 山川宗玄老師の挨拶、来賓祝辞などのあと、仏像彫刻家でもある俳優 滝田栄氏の講演「仏教に生きる」があった。

式典後の昼食会が正眼寺本堂で行われた。山川老師や正眼寺の皆さんにお別れの挨拶を済ませ辞去。谷内田孝師友の友人原田さんたちと、三ツ矢さんの車で名古屋駅までお送りいただいた。新幹線のぞみのABC席に、谷内田、岡田、吉澤がきつく座し、午後6時近く東京駅に戻った。多謝。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

南阿蘇村ガンバレ!

2016年04月23日 | Weblog
前々日14日(熊本市)につづく大地震(震度7)が南阿蘇村を襲った。平成28(2016)年4月16日午前1時25分だ。熊本市や益城町の家屋崩壊や宇土市役所などの被災が報じられている最中だ。

ついこの間シゴトついでに訪れた南阿蘇村の景色が、山崩れ土砂災害とともにテレビの画面を占拠した。東海大学阿蘇キャンパスの学生宿舎の倒壊や下敷になった学生の救出などが報じられた。2013年12月のある日、豊肥線の立野駅に出迎えてくれた栗原有紀夫さんの「ペンション風の丘 野ばら」やご家族の皆さんは被災されなかっただろうか?不安。

4月20日ごろ、栗原さんご家族やペンションが、どうやら大きな被災を逃れたような情報に接した。安堵。何かできそうなことはないか?悩んだ。機会を見て、お見舞い訪をしようとは思うが、まずはお見舞い申し上げます。

はじめて阿蘇地方を訪れたその頃の南阿蘇村。村営の温泉センターやおいしい湧水白川水源も思い出だが、阿蘇外輪山は俵山、草千里から火口を覗き、大観望からこの度被災倒壊した阿蘇神社をまわり大分は高千穂峡経由で、熊本は阿蘇熊本空港より帰京した。

阿蘇や熊本の皆さん、お見舞い申し上げます。ガンバッテください。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

祝・「ちょうせい豆乳」君 フルマラソン完走!

2016年03月30日 | Weblog
「ちょせい豆乳」君、やりましたね。42.195キロメートルのフルマラソンの完走、おめでとうございます。第35回佐倉朝日健康マラソン(2016年3月27日)での走りは、見事でした。1万人余もの一般市民ランナーに混じり走る(歩く)「ちょせい豆乳」君は、感激ものでした。

もともと、神田須田町生まれの「ちょうせい豆乳」君は、オモろいキャラクターでしたね。仲良しの郷土ゆるキャラに混じり、ない郷土を秋葉原にしたりして、ちっともゆるくない箱型を特長に活動し、いつの間にか日本豆乳協会のマスコット(公認)ゆるキャラ(?)になりました。

一代目は、二の腕の細いかわいい女性が入っていましたが、今の二代目「ちょうせい豆乳」君は、太い二の腕に加え大きな鼻や口で、お世辞にも”かわいい”とは言えませんね。走ったり、でんぐり返しをしたり、飛び跳ねたり・・・と少々暴れん坊ですが、タフですね。

日本豆乳協会公認と言われながら、何の支援や補助も生活支援もないのに、よく活動してくれていると感謝しています。これからも、多くのお子さんやママさんに愛されるお行儀のいいキャラクター活動をしてください。応援しています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

四季を愛でる

2016年03月20日 | Weblog
日本人は、自然が好きだ。春夏秋冬と変わる自然が好きのようだ。四季という変化が好きなのかも知れない。四季という変化を自分の成長や移り変わりに重ねているのかも知れない。多くの日本画や俳句なども、自然や自然の移ろいを描いたものが多い。

昨年、わたしは北は北海道道南と南は沖縄をそれぞれ3日間旅行した。10月初旬の北海道と12月中旬の沖縄だが、目的のひとつが俳句を詠むことだった。温帯気候に近い道南では、約20句スマホ短冊に記録できた。年中常緑の亜熱帯気候の沖縄では、1句も詠めなかった。自然の四季変化や自分に重なる生活環境などが感じられなかったからなのかも知れない。

川合玉堂や東山魁夷の日本画などに見る自然の多くには、四季描写が多い。四季の移ろいを愛でているようでもある。自然の中の人々や生活を四季の変化に合わせて描いている。自然と人間の一期一会や自然の四季変化と農業や生活を、時間の変化に合わせている。俳句も全く同じだと思うのだが、これが思うように詠めず、苦労している。

春と言えば、芽吹きや希望だが、心は静かだ。青や緑の夏は、何かが満ちるイメージだが、太陽や灼熱が熱い。月やもみじと成熟や収穫の秋は、深さや晩年が浮かぶ。白い景色や孤独などが思われる冬は、枯れ木や音を感受する。四季は、生き物の生成や衰滅というか生生流転やライルサイクルに重なる。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

実家の庭に春探し

2016年03月13日 | Weblog
2016年3月12日(土)休日の一日、日帰りで茨城北部は、常陸太田市の実家に向かう。持っていた上野(駅)午前10時発のスーパーひたちを前倒し乗り換えで「ときわ55号」9:30発に飛び乗る。柏−取手−土浦と、ときわ路に沿って走る常磐線の車窓にも春はしりの風景が入る。

この期間のみの臨時(停車)駅・偕楽園を経て午前10時50分、水戸駅に到着。常陸大子行の水郡線に乗り換え、上菅谷経由常陸太田駅に着いたのが午前11時50分。少々駅周辺を散策、妹夫婦と待ち合わせのファミレスに12時20分入る。3人で昼食長オシャベリをし午後2時30分、満95歳の母の待つ実家に到着。

超高齢母一人住まいの実家の電気配線検査に伴う漏電防止や配線補修と漏電防止装置の敷設をすませ、母の宅配弁当やケアハウス宿泊調整や介護認定などの相談をした。しばし、実家の庭や周辺に春探しの散策。しだれ梅、馬酔木や柊南天の満開に春を見たものの、茨城北部の典型的な中山間地の山々は、いま春待ちの景色だ。

夕方水戸駅18時27分発のひたち24号にて、上野・池袋経由20時30分帰宅。せわしい一日でした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ひな祭り閑話

2016年02月28日 | Weblog
少々トクしたように思う閏年の2月29日を過ぎると、3月3日の雛祭り。桃の節句といわれる女性の節句祭。女性の活躍が叫ばれる時代にあって、女の子の雛祭りと言うのが後ろめたいが、5月5日の端午の節句を男の子の菖蒲祭りと言うので、寛容に受け止めてほしい。

それにしても奇数の月日を節目にしたがる我々民族だが、1月1日がわりの1月7日の人日(七草粥)、3月3日上巳は桃の節句、5月5日の端午の節句、7月7日の七夕の節句と9月9日の重陽の節句と二十四節気のうちの五節句は、すべて奇数月日だ。3人の子供も独立しこの家を離れた老夫婦の我が家、桃の節句の段飾りはない。小さな内裏雛が、小さく飾られている。

草食男子に肉食女子などという言葉が流布する時代にあって、ひな祭りやバレンタインなどの行事は後退するのかも知れない。長寿健康や幸せを願う風習としての節気行事を受け入れるのもいいような気がする。男女平等や男女共同参画が女性活躍推進法になり大変結構な時代だが、これが職場でのことだけに照準しないことを願う。

この3月3日の桃の節句、雛あられや菱餅や段飾りもないが、外に巣立って久しい子供や孫の健やかと幸せを願おう。『 橘や菱餅もなく内裏雛 』。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加