吉澤兄一のブログ

お江戸のど真ん中、平河町から、市井のトピックスを日記風につづりたいと思います。

広がるインターネット(Web)調査の課題

2017年03月20日 | Weblog
簡単、早い、安いがウリで、広がるインターネットやWeb 調査。大量の調査や双方向調査も出来ると普及する。インターネットやWeb および P Cや端末機器の普及が、これを促進させている。大量のマスターサンプルや目的的パネルサンプル・ベースを用意している調査会社やWeb会社が、種々のソフトウエアを武装しているとセールストークする。調査の設計、実施、集計、分析などのシステムやソフトウエアが、インターネット(Web)調査の需要を支えているという。

しかるに疑念や不安が拭えないのはなぜか。インターネット(Web)調査をビジネスにしている調査会社のいまの技術武装の弱さだ。インターネット調査の精度や信頼性向上への取り組みが見えない。早さ、簡単さや安さで、営業促進をするのみで、インターネット(Web)調査の正確性や信頼性の確かな論証がない。調査目的や調査対象と調査母集団や対象者特性との真摯なすり合わせがない。性別や年代や職業および地域や業態などの照合は当然だが、この程度が精いっぱいの有様だ。

世の中の多くの人々や面接調査や会場調査などで協力回答してくれていた人々と、インターネットやWeb.調査に協力回答してくれる人々の最大の特性差を明確に説明していない。両調査対象(者)の行動特性や心理特性と調査協力への態度の違いを説明できていない。同じ目的や同じ地域や同じ調査項目の調査を 同じ時期に実験調査などをした両調査の結果差異分析研究などが公表されていない。

とにかく安い早い簡単と、ただ営業販売に走っている姿が インターネットやWeb 調査への信頼性が高まらない事由だ。調査で得られた回答や数値の裏にある調査協力回答者の特性を、人口学的な特性を越えて説明できる研究や仕組みへの取り組みを希望する。顔が見えない回答者の行動特性や心理特性を説明できることが、信頼感と安心感を醸成するだろう。関係者の取り組みを期待する。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

この10年、わたし周りの観察社会。

2017年03月19日 | Weblog
十年ひと昔と、人は言う。この10年、郵政解散や小泉チルドレンの小泉純一郎総理退陣のあとを受けて誕生した(第1次)安倍内閣発足(2006年)からの10年、世の中は停滞状況で過ぎた。10年を通しての格差社会やネットカフェ難民なる流行語につづき、リーマンショック(2008)や事業仕分けを挟み、草食男子や第3のビールやファストファッションなどが社会情況を形容した。アベノミクスを謳いデフレ脱却を掲げた第2次安倍内閣からの5年も、その実効を得ていない。

通算1000回を越えた私のブログ(goo.ne.jp)が スタートしたのが、ちょうど10年前の2006年。世の中にブログ・サービスが登場した翌々年でした。はじめた年2006年の3月、閲覧人約100人(週平均IP)月間閲覧(PV)数800だったブログが、その一年後約2倍に、そのあとの一年後その2倍と閲覧(者)が増え、4~5年後(2010~11)には、閲覧人600人月平均閲覧数5000~7000PV になった。その後の5~6年、このピークを越えていない。

2010年頃、いわゆるインバウンド需要市場ベースの訪日外国人数約500万人だった外国からの観光買い物客数は、ただいま(2016)5倍の2500万人。日本の総人口もこの10年12500万人前後と変っていないにもかかわらずの市場経済の停滞。20年前(1995)16兆円ほどあった(全国)チェーンストアの売上高は、その10年後(2005)14兆円。ただいま(2015)年13兆円と20%の減少。食料品の売上げは 横這いながら、衣料品や住関連品その他の売上額減少が大きい。

このようにウィークな社会市場状況にあって、自分が奉職している”豆乳”市場が この20年6倍市場に成長、この10年1.5倍に成長している。感謝に堪えない。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

こぶし満開の春彼岸

2017年03月18日 | Weblog
2017年のことしは、春に三日の晴れ有り。H29年3月18日(土)のきょうも快晴。風も穏やかな青天が、中日には少し早い墓参に誘う。休日なのに週日どおりの朝食を摂り午前8時、家をでる。一対の花束と線香その他を持って、郊外に向かう電車に乗る。

義父母の眠る墓は、いま辛夷が満開。降車駅のバス・ターミナルの辛夷の大樹が、それはそれは見事な花を咲かせている。駅から墓のある霊園への道路の左右は、こぶし並木。真白な花をつけた並木の間々に、所どころ紫花のこぶし。

霊園の左右の道路や雑木林にも、所どころ大きな辛夷の花が咲く。緑なす山桃や楠の木などをバックにした白い辛夷の花が、壮観だ。間あいだには、白や紫の梅花が、身を縮めるように咲く。まるで大樹に咲く辛夷のつゆ払いと太刀持ちのようだ。

墓碑洗いや左右の柘植株の剪定と周りの清掃をし、お茶や花を供え線香を焚いた。合掌し、霊園を辞す。再びのこぶし並木道を、路線バスで駅に向かう。『 青空を キャンパスにして 辛夷咲く』。こぶし満開の春彼岸でした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

久しぶりの支部(首都圏)同窓会

2017年02月18日 | Weblog
ふる里は、故郷。郷愁がある。中山間地の特長満載のふる里。子供時代から少年時代の15年余りを過ごしたところ。地域社会や友達関係と自分の現在将来に、少年なりの悩みや思いを閉じた時代だったが、遠く空に近い山々の景色や棚田や原野の緑とそれらを運ぶ風が親友だった。郷愁の中心は、中学・高校時代。

わたしの小学校や中学も遠距離。子供の足で毎日一里(4km)を、歩いて通学した。街の高等学校は片道16~7キロ。おんぼろ自転車で通学するようになった。雨の日も雪の日も、凸凹砂利道を自転車で通う。坂道が多く、往きは下りで約1時間だが、帰りはたっぷり2時間かかる。冬場など真っ暗な道をライトなしで帰る。

このような通学環境だから、宿題や部活など出来ない。時間が取れないのだ。苦痛を感じたことはない。朝は朝の、夕暮れは夕暮れの自然や四季が自転車で走る私の頬をなでる。風が過ぎる。あふれる四季や自然が、癒やしてくれる。教室や学校での思い出より、往復の緑や草花の匂いの方が郷愁だ。

昨日(2017.2.17.)その高等学校の同窓会をした。正確には、同じ高等学校を出て いま東京というか首都圏に働き住所しているものの同窓会だ。100人弱の同窓の集いだが、田舎や故郷の匂いを濃くした会話交流がいい。形式的な総会と懇親会に、いま活躍中の同窓詩人の故郷郷愁の詩の朗読が花を添えた。多謝。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017(H29)年の立春日誌

2017年02月05日 | Weblog
2017年立春。朝から快晴。まだまだ風は大寒、ダウン・ジャケットにマフラーの防寒スタイルで地下鉄駅に向かう。池袋でJR山の手線に乗り、9:30上野(駅)に着く。10時発のひたち7号まで駅構内をぶらぶら。水戸に向かう。

この時期の空は、やさしい。少々霞がかっているからかも知れない。風のあるなしで、大分違う体感だが、きょうはことのほか暖かそうだ。『 青空に 霞む筑波や 春隣 』。毎度お世話になるひたち7号だから、車窓からの景色もそんなに変わらない。ずっと広がる関東平野の遥か先に、筑波山が霞む。

11:05JR水戸駅着。乗り換える水郡線には、すでに郡山雪の電車が入っている。水郡線は、上菅谷で対面に待つ電車で常陸太田駅に向かう。11:50駅前に待つ妹のクルマで、誰もいない実家に向かう。少々の片づけや掃除整理をし簡単な昼食をとり、再び常陸太田市街の病院に向かう。入院中の母を見舞い、主治医から情況などを伺う。

この頃の病院や介護施設などは、どこもインフルエンザや感染症の防衛対策が厳重だ。病院に入るとき、受付での手続きのとき、面会に病室に入るとき、病室を出るとき、病院を出るとき、手指を消毒する。主治医先生との面談を終え、辞する。水戸で妹のクルマと別れ、JRひたちで東京は上野に向かう。『 初日空 遥かに霞む 筑波山 』。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

一味真、ことしは無位真人をめざそう!

2017年01月27日 | Weblog
世の中の雰囲気や流れを気にせず、自分の真を探求し、一味真。ささやかな壺中の真を信じ、無位なる真人(しんにん)を目指そうと思う。とかく、丁酉(ひのととり)年は、革命の年や激変の年と言われる。騒がしくもあるようだが、酉には五徳があるなどともいわれているので、意外に穏健良識派が台頭するかもしれない。

横道にそれるが、五徳はガスコンロのそれではない。5徳なのに、足が3本や4本だったり、6本だったりするのが多く、文字通りの5本脚五徳は、意外に少ない。儒学の教えの五徳は、温、良、恭、倹、譲 。酉年生まれではないが、五徳を備えるよう努力しようと思う。

丁酉年のことし、先輩やエライ人から、真(しん、まこと)という戒めの文字をいただいた。たとえば、一味真(いちみしん)。千宗家の「茶禅同一味」からの教示らしいが、”一服の茶が森羅万象すべての真実を伝えている”という意。心したい。もう一つは、無位真人(無位の真人)。どんな位にも属さない真の自由人ということらしい。

この世の中、”どこかや何か”に属す人ばかり。せめて自分、そういう帰属人間から離れて生きることにしようと、今年の戒めにします。そのままを真実として受容する人間になりたい。一味真の真に軸足を置いて暮らそうと思う。よろしくです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

メディケアフーズ展2017協賛出展(1/25-26)記

2017年01月27日 | Weblog
また今年も1コマ協賛出展した”豆乳”ですが、1月25(水)26(木)は、晴天。有明より遠くに真白な富士がのぞく。冷たい北風の中、大勢の来展者。ビッグサイト西3&4には、同時開催の高齢者支援や医療介護食などの展示も賑やか。

早めに入ろうと、1/ 25(水)午前9時過ぎ二番町の事務所を出る。地下鉄有楽町線は豊洲より「ゆりかもめ」で、有明は国際展示場正門前駅下車。9:45展示会場に入る。コマの内装や展示などについては、パートナーVAインターナショナルのスタッフ諸氏が、滞りなく済ましてくれていた。多謝。

多くの管理栄養士さんや介護士や医療施設の方々などが多いのだが、豆乳は何と言っても普通の消費者の方々の関心や理解の向上がほしい。一般の方々が豆乳をおいしく飲んでくれたり、気軽に料理食材として使ってくれることが希望だ。来展者へのアンケートをやったり、豆乳の特徴を説明したり、お客様の質問に答えたりして経過した。

ときどき、他のブースの様子を観察したり、自分の興味のあるブースを廻ったりする合間に、自分の昼食を摂った。顔見知りの他業界の人やプレス関係の人などにも結構遭遇する。一日目も二日目もあまり変わり映えしない会場風景だったが、2日間 楽しく過ぎた。関係者の皆さん、お世話になりました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

生き物の種の保存の世界で、賢く生きる人類

2017年01月21日 | Weblog
動物でも植物でも生き物は、外敵から身を守り、生命や種を保存する。もって生まれた生き物は、本能的に命や種属を守るスベを身につけている。人類も同じ。外敵から自分や家族や国を守るために、武装したり銃器を持つ。人口増がもたらす食糧争奪や人口減がもたらす労働不足を回避するために、知恵や技術を工夫する。

命や生存環境が脅かされる不安や疑心に、保身の防衛を準備する。ある種は、他を圧倒する体力やその増強で、ある種は他者の目に触れぬようカラダを小さくする。すべての生き物は生存競争をし、命や種を保存する。カラダの中や種子に毒を持ち、他者に食されたりしたら、その他者が命を失うようにする。触手に毒を持ち、獲物を獲り食すものもいる。

わたくし事に近い植物マメ(豆)の多くも、種子に毒をもつ。成熟したマメ類の種子の多くには、毒がある。マメのほとんどは乾粒そのままでは硬くて食せないが、青豆のうちでも、そのまま食べると”食べられない”。マメ類のなかには、大豆の枝豆やエンドウのさやえんどうのように”生で”食するものがあるが、生そのままでは食べない。茹でたり、煮たりして加熱して食べる。内在する毒を消して食べる。

そのまま食べられたとき、食した者に毒を食させたり、苦味を与えたりするためだ。この”苦味”こそ、毒。食べられないように、苦味や毒成分を種子に内包するマメたちだ。わたしたち人間は、野菜や穀類や豆類を食べるが、多くの場合は茹でたり、煮たり焼いたりして加熱して食べる。加熱が、毒を消すことを知っているからだ。

マメ類の毒の多くは、その成分レクチンによるものだが、レクチンは水に浸したり、加熱したりで消すことができる。青大豆などには、このレクチンのほかに苦味を出すサポニンがある。乾粒になっても、トリプシンインヒビターという毒があるが、これらの毒を消すために、発酵させたり乾粒を水浸したり加熱したりして、無毒化し食品化している。

人を殺傷する武器や戦闘具、戦争に走るミサイル装備や核兵器などは、世の中から一掃してほしい。人類という同族お互いを尊重し、愛と知恵で人類の保存をしてほしい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

藪入りの帰省習慣青い空

2017年01月15日 | Weblog
暮らしの年中季節行事は、市井市民の知恵だったようだ。きょう1月15日の小正月やお盆7月15日の小正月は、公認の休日。休みなしに奉公勤労したご褒美だった。ソゴトの一斉休みで、ご主人も奉公人もそろっての休日だったのだが、翌日も藪入りという休日。実は15日16日の2日連休が、1月と7月に用意されていたのだ。

1月にも7月にも、小正月(15日)藪入り(16日)とつづく連休が用意されたのが江戸時代あたりの奉公人のお休みだったのだ。年4日かぎりだった。田舎や親元から奉公(勤め)に入り、休みなしで働いていた奉公人が大手を振って休め、親元に帰れる公認帰省休日が、藪入り(16日)だった。

この日(藪入り)が、いつしか全く知らない所へ嫁いだ嫁が実家に帰れる日になったようだ。ゆたかさや経済が発展した江戸時代の風習というか労働基準や労務管理だったとも言えよう。この日雇用主(奉公先)や嫁ぎ先の主人は、奉公人や嫁に着物や小遣いを与え、送り出したのがわかるような気がする。

年間100日以上の土日公休や20日から30日になる国民の祝日&年休のある現代の労働者事情とは大違いだ。それでもなお、毎週土日の休みはバラバラだし、大型レジャーもほしい今の勤労者にとって、20日位の連休がほしいのだという。集中して働き、集中して(大きく)休んでほしい。小正月の日誌でした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

正月6日間の動物不殺生日あとの人日の節供随想

2017年01月07日 | Weblog
桃太郎や猿蟹合戦ではないが、申や酉年の世の中は喧騒だという。とくに、丁酉(ひのととり)は激動、価値基準が大きく変動する年のようだ。60年前の丁酉1957(S32)年もそういう年だった。戦後という社会から脱却したいと神武景気や岩戸景気にはしゃいだ。その後の”ゆたかな社会”高度成長社会への入り口をつくった。

2015年から2016年への世界の価値基準は、どうなるのだろうか。何となくの兆しは、2015年に芽吹いていたのかも知れない。中東やアフリカの民族紛争、イギリスのEU離脱やロシア、中国などにもみられた自国第一主義。この自国第一主義を助長、牽引するかもしれないトランプ大統領の米国など。わが国も、このような仲間なのだろうか。

つい昨日までG8、G20と言って、世界が推し進めてきたグローバリズム、国際協調路線は、どこに行ったのだろうか。国際的な気候変動対策協議COP21のパリ協定やEUに続こうとしたTPPなどは、どこに向かうのだろうか。地球環境の保全や環境破壊防止対策などについても、”サステナビリティ”などと祝詞していることで進むのだろうか。

自然や生き物との共生思想を信仰する日本は、このような世界の動勢をどのようにリードできるだろうか。米作を主とした耕作農業での穀物や野菜に、少々の魚と鶏や豚などを食してきた日本は、どのように自然や動物などの生き物との共生を図っていくのか。動物の一員である人間は、”強者”としての共生ルールをどのように創っていけばいいのだろうか。自国ファーストをいう世界のリーダーたちにも、考えてほしいと思うのです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加