相撲史に関心・興味のある方どうぞ

相撲史に関心・興味のある方どうぞ

旧→新暦換算で翌年へ繰下げ

2016-09-19 21:03:05 | 日記
 吾輩のラヂオ観戦“初土俵”は初代若乃花
が新横綱の昭和三十三年春場所であった。
 当場所、小結に時錦がいて中日には栃錦と
対戦、アナウンサーは栃錦と云わず「横綱」と
叫んでいた。

 この時錦が十両陥落後に名乗ったのは
「四釈迦山」だったけれども、番附に「出」
の文字を「四」と誤記されたのじゃぁなかっ
たか…。
 
 明治十七年夏場所、入幕したのが出釈迦山
である。生年月…は『大相撲人物大事典』に
拠れば、嘉永二(1849)年十二月となっている。
これは太陰暦なので現行の太陽暦に換算。
他の力士との比較・対照に資するためである。
 そうすると、翌三年一月乃至二月になって、
「酉年生れ」ではなく次の十二支に繰下げだ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 全敗が消えた星 その187 | トップ | 7勝…が多かったけれど »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。