相撲史に関心・興味のある方どうぞ

相撲史に関心・興味のある方どうぞ

六日目、大鵬の引退

2016-10-12 13:40:48 | 日記
※昨日の閲覧…803・訪問…200
3日連続200超の訪問…新記録成るか?

 横綱大鵬引退の昭和四十六年夏場所
における8勝7敗の幕内力士→名古屋の
地位検証。

大関 前の山→論外
関脇 大 受→据置き
小結 貴ノ花→ 〃
前八 時葉山→前四
同九 栃 東→ 〃
同十 錦 洋→前五
同十一 二子岳→前六

 当場所、惜しくも負越しの7勝…は小結
福の花以下5人が記録。
 北の富士が全勝、玉の海も13勝で本格的
「北・玉時代」到来と思いきや……。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 鷲が鷹より多かった… | トップ | 相撲史発掘No.83を無代進呈 ! »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
幕内・十両の入れ替え戦 (shin2)
2016-10-12 15:28:29
現在(平成二十八年)は十日目あたりから幕内・十両の入れ替え戦が始まり、千秋楽の取組は他の日よりも遅れて発表される。

ところがこの時代=昭和四十年代中期は、取組編成にセンスがないというか、うっかりすると審判部と中盆がグルになってたんじゃないか、と疑われるくらいだ。

昭和四十六年夏場所、大鵬の引退があっても十両から幕内に上がったのは二人だけで、東十両二枚目長浜九勝六敗、東三枚目富士桜九勝六敗、西三枚目魁傑十勝五敗、東五枚目大潮十一勝四敗という十両上位の好成績力士は十両に据え置かれた。
「番付運が悪い」では片付かない問題だった。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。