相撲史に関心・興味のある方どうぞ

相撲史に関心・興味のある方どうぞ

順延はなかったけれど……

2017-07-06 14:39:12 | 日記
※昨日の閲覧…938・訪問…135
トータル訪問者数 395,344

 病院〔眼科=案の定、患者は少なかった〕の
帰りに、当県立図書館へ行って、大正二年
十一月初旬の郷土紙4種について、相撲記事
掲載の“日づけ”を最終的にチェックした。
 デジカメでは、日附部分が必要記事と離れて
いるため同じ画面に撮影不能なのだ。

 大正二年十月三十日(木曜)、長崎市出島で
開幕した東西合併大相撲は、1日も順延せず、
同年十一月三日(月曜)が千穐楽で5日間の
興行を終えていることを確認した。〔明治三八
年の常陸山一行の合併…の際は2日ほど雨
のため延びている。〕

 ところが、当時4紙も発行されていた郷土
の新聞が、すべて十一月朔日附を“休刊”し
ていたことに気がついた。
 そればかりじゃぁない。4紙のうち、『東洋
日の出新聞』〔上記明治三八年当時唯一発行〕
や、『九州日之出新聞』は十一月三日附も休刊
だったのである。
 休刊日を創刊以来の“号数”で確認した。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 明治横綱醜名の“色”を独断で… | トップ | 番附欄外OKだが、古新聞の欄... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。