相撲史に関心・興味のある方どうぞ

相撲史に関心・興味のある方どうぞ

全敗が消えた星 その187

2016-09-19 13:13:35 | 日記
※昨日の閲覧…767・訪問…176

 昭和二十八年夏場所、初日から十一日目
までの星取表を真っ黒に塗り潰したのは、
典型的な中堅力士の神錦であった。
 翌十二日目、初白星をあげて連敗脱出━
幕内全敗が消えている。
 小生なんかの当初のラヂオによる観戦歴
でも彼は対象に入らず、取口が脳裡に入る
はずもなかった。
 某書には180cm・96kg、吊り・外掛けが
得意手とあり、面白い相撲を取ったみたい。

 尚、当場所、立浪部屋の時津山が平幕で
全勝優勝だが上位陣との対戦が殆んどなくて
“漁夫之利”に批判が沸騰していた。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 明治30年生れ 10名が入幕 | トップ | 旧→新暦換算で翌年へ繰下げ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。