相撲史に関心・興味のある方どうぞ

相撲史に関心・興味のある方どうぞ

◯太刀山〔水入後〕(寄切り)鳳●

2016-10-16 20:33:48 | 日記
 大正四年横綱免許の鳳(おおとり)に
ついて最新の拙稿で「超剛横綱太刀山と
の対戦が皆無…」と書いた。10年年長の
太刀山は友綱、鳳は宮城野━部屋系統が
全然ちがうのに取組まなかった原因は
「東西制」なる取組制度の所為だ。昭和
六年までは江戸寶暦以来、東方同士・
西方同士は対戦しないのが大原則だった。
 でも、しかしながら本場所以外の合併
相撲では顔を合せていたのである。その
点まったく迂闊で最近になって気づいた。
赤面・汗顔の至りです。
 敢えて言い訳すれば、調査・研究の範
囲を本場所幕内取組に限定してるので…。

 大正二年十月…の郷土紙を抜萃━。

太刀山に鳳は本日第一の好取組立上り
三回突合手車となり土俵の中央に仁王
立となり互に機を窺ひ鳳幾回と無く太刀
の懐ろに飛込んとするも太刀は其手に乘
らず同じ事を繰り返へす事七八回水入後
解けて鳳目的通り太刀の懐ろに飛込み右
差しにて左上手を引き充分に喰ひ下がり
太刀は大事を取りて勝を急かず鳳の力の
ゆるむ鼻を太刀兩廻しを引きたるに鳳は
最早是迄と捨鉢になり死物狂ひに吊りを
試めば太刀の足土俵より二三寸上りて危
ふかりしも踏止まり遂に殘して太刀早く
土俵を廻り反對に寄切つて太刀の勝
 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 全敗が消えた星 その193 | トップ | 7勝…は後横綱…だけとは最低だ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。