相撲史に関心・興味のある方どうぞ

相撲史に関心・興味のある方どうぞ

軍配のルビが「うちわ」

2017-04-23 20:57:45 | 日記
 明治三十八年…“角聖”常陸山の土俵
態度を遠慮会釈せずに批判した『東洋日
の出新聞』の大正二年十月末の記事より。

△土州山に放駒は當日隨一の好取組とて
看客は熱狂して之を迎ゆ双方離れて仕切り
立上るや激しく突合つて右四ツ、放例の
如く一氣に寄進まんとすれば土州掬ひ投
にて殘し結局放の下手投にて同体に倒れ
軍配は土州に揚がりしも物言附て預り
〔後略〕

 なんで転載したかと云えば、「軍配」に
「ぐんばい」に非ず、「うちわ」とルビが
ついているのである。〔旧仮名遣ひならば
「うちは」が正確。〕
 明治・大正期の相撲記事スクラップを
多数所蔵しているが、「團扇」ではなく
軍配にそんな読み方をしているのを初めて
みつけた次第。
 尚、逆に「團扇」に「ぐんばい」と読ま
せた事例はあるまい。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 次号進捗状況報告その5 | トップ | 「軍配団扇」を略して……? »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。