相撲史に関心・興味のある方どうぞ

相撲史に関心・興味のある方どうぞ

旧二月=如月≒衣更着→遠近(おちこち)

2016-10-15 21:11:29 | 日記
 さきに旧「月」の異称で「弥生」が
女の子の名前に…と述べたが、力士の
醜名に採用されたのが「如月」で、同音
の「衣更着」はのち「遠近」と改名して
文化十一(1814)年十一月場所初日には
新小結の立神(後関脇)を見事破る殊勲
の星をあげている。
 どうやら、当場所を最後に江戸乃至
大阪の番附から消えているところを
みれば、現役急逝じゃぁなかったかな。

 江戸では最高位が幕下(現十両)三枚目、
大阪番附は「前頭二枚目」と『江戸……
名鑑』に記載。

 旧暦二月は現代の三月乃至四月で鳥渡
暖かくなる季節なので「衣更着」は所謂
“ころもがえ”を聯想するのだ。

 しかし、『…名鑑』が「おちこち」を
「えんきん」はいただけない。
遠近両用眼鏡を聯想して…いやだねぇ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『相撲史発掘』第83号 無代... | トップ | 全敗が消えた星 その193 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。