相撲史に関心・興味のある方どうぞ

相撲史に関心・興味のある方どうぞ

またひどい平幕下位

2017-08-13 14:32:05 | 日記
※昨日の閲覧…1,004・訪問…136
トータル訪問者数 401,369

 昭和五十五年春場所における8勝
7敗の幕内力士→夏…の地位検証。

関脇 荒 勢→据置き
前三 千代の富士→小結
同六 髙見山→前三
同八 蔵玉錦→前四
同九 鳳 凰→前六
 〃 天ノ山→ 〃
同十一 照の山→前八
 〃  闘 竜→ 〃
同十三 蔵 間→前十

 当場所、惜しくも負越しの7勝…は
後横綱隆の里だけ。
 殊に、前頭九・十一枚目なんか東西
両力士の“助け合い”を疑いたくなる。
 尚、蔵間に関して、『大相撲』の「笑
待席」欄へ、「鮹になるな─鞍馬天狗」
と寄稿しました。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 数年後、古雑誌が……? | トップ | 三役陣の出欠情況 その87 »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
昭和五十五年春場所 (shin2)
2017-08-13 16:08:32
当時は千秋楽のワリを早く作っていたから、審判部も工夫はしていたんだろうが、八勝六敗と七勝七敗で対戦すれば、そりゃ七勝が勝つよなあ。
蔵間は、
>>強力なタニマチを持ち横綱大関を諦めてからは平幕中位に腰を据え(時折小結には顔を出した)、長く活躍を続ける蔵間のような生き方は多くの力士の憧れであった(>>https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%94%B5%E9%96%93%E7%AB%9C%E4%B9%9F
後に白血病で悲劇のヒーロー(実際ドラマにもなったらしい)になるが、前年持病の腰痛が悪化して全休しているので、幕内下位で苦闘の日々だったようだ。
ただ男前は得だと、個人的にはずっと僻みながら思っている。75歳の北の富士氏はうっかりすると現役力士より人気がある。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。