相撲史に関心・興味のある方どうぞ

相撲史に関心・興味のある方どうぞ

稽古不足の力士たち…

2017-06-20 13:12:17 | 日記
※昨日の閲覧…1,389・訪問…175
トータル訪問者数 393,067

 昭和五十三年秋場所における8勝
7敗の幕内力士→九州…の地位検証。

大関 貴ノ花→論外
関脇 増位山→据置き
小結 玉ノ富士→関脇
前一 蔵 間→据置き
同四 魁 傑→前二
同六 青葉山→前四
 〃 青葉城→前五
同九 玉輝山→前七
同十二 琴 若→前九

 当場所、惜しくも負越しの7勝…は
小結琴風ら計5人だった。

 むかしから角界では、大関は平幕の
5倍、横綱ならば10倍の稽古量を
熟さなければ、その地位を維持でき
ないと云われてきた。
 人並みの“汗かき”運動程度じゃぁ
重責を果たすのは無理というもの。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 接頭辞もしくは括弧内に… | トップ | 『相撲史発掘』 第85号 無... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。