相撲史に関心・興味のある方どうぞ

相撲史に関心・興味のある方どうぞ

監察委員の眼が光っていた?

2017-06-14 21:36:53 | 日記
 昭和五十三年名古屋場所における8勝
7敗の幕内力士→秋…の地位検証。

大関 貴ノ花→論外
小結 増位山→関脇
前五 荒 勢→前二
同八 栃赤城→前五
同十一 双津竜→前八

 当場所、惜しくも負越しの7勝…は
玉ノ富士・琴風の両関脇のほか平幕に
2人━計4力士だった。
“がちんこ”の真剣勝負が多かったの
であろうか。

 尚、新横綱の若三杉改めⅡ若乃花は
期待を裏切って11勝しかできず。
 醜名がプレッシャーになったかも…。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 名関脇の範疇に入らない? | トップ | 来春の角閥予想…?? »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。