相撲史に関心・興味のある方どうぞ

相撲史に関心・興味のある方どうぞ

全敗が消えた星 その231

2017-05-17 13:17:38 | 日記
※昨日の閲覧…717・訪問…135
トータル訪問者数 387,466

  「土俵の鬼」〔映画化〕&「異能力士」の
異名をもつ横綱Ⅰ若乃花が最後の土俵となった
昭和三十七年春場所、初日から七日目までの
星取表を真っ黒に塗り潰したのは中堅の
常錦だった。
 翌八日目、白星を得て連敗脱出━幕内全敗
が消えている。

 かつて『大相撲』誌の記者座談会において、
常錦(出羽海部屋)の自力じゃ「稲川」の株は
買えないでしょう…なんて発言を覚えている。
 でも、数年後には年寄を辞めている。現在
の消息は…?

 当場所の幕内番附も鳥渡ばかり可笑しい。
横綱・小結・平幕ともに東が1人多くて、
計3名も東方が西より多くなっている。
 体裁もわるくなりそう……。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 無気力は監察委の親方か、力士か | トップ | 會所大幹部、雲龍らと花見?! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。