相撲史に関心・興味のある方どうぞ

相撲史に関心・興味のある方どうぞ

江戸…に“不在”の栃錦・若乃花

2017-04-25 21:18:38 | 日記
 信頼性に瑕疵があっても…やっぱり
“あて”にしたくなる『江戸時代 相撲
名鑑』で鳥渡ばかり調べてみた。

 江戸期に三都〔江戸・大坂・京都〕の
力士に、常陸山はいても太刀山は全然な
い。栃木山が寶暦八年…にいるそうな。

 この度、戦後大相撲の双璧、栃錦と・
若乃花〔初代〕の同名力士の有無を…。
 そしたら、両方とも皆無なのである。

 昭和三十年代、人気力士若ノ花出現で
「若」の文字が一時流行した。花籠部屋
以外の所属力士もあたまに「若」をつけた。
 その出世頭は、立浪の大関若羽黒か。

 それで、江戸時代も「若」がつく醜名が
結構多いことがわかった。「栃」なんかと
くらべて……。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 全敗が消えた星 その227 | トップ | 土俵上の「砂」の量は…? »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。