相撲史に関心・興味のある方どうぞ

相撲史に関心・興味のある方どうぞ

7年ぶりの“入れ掛け”で…

2017-06-19 13:19:49 | 日記
※昨日の閲覧…1,150・訪問…159
トータル訪問者数 392,892

 天保五(1834)年冬場所の五日目
中入り後の取組は、文政十(1827)年
春場所三日目中入り前取組以来の
入れ掛けとなった。
 『相撲起顯』に拠れば…

東三段目10黒金─西三段目12五十鈴川
の相撲で後者が白星で勝名乗りをうけた
あとに突然ゲリラ豪雨で中止に…。

 『…起顯』で確認するまで、入れ掛け
の事実を認識できなかった。したがって
当日の星取表「や」を個人別成績の
“休数”からマイナス1と訂正せねば
ならない。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 起・承・転・結の内「起」を | トップ | 接頭辞もしくは括弧内に… »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。