相撲史に関心・興味のある方どうぞ

相撲史に関心・興味のある方どうぞ

中堅10人の半数が……

2017-07-17 13:28:24 | 日記
※昨日の閲覧…774・訪問…150
トータル訪問者数 397,023

 昭和五十四年名古屋場所における
8勝7敗の幕内力士→秋の地位検証。

大関 旭 國→論外
前二 隆の里→関脇
同三 増位山→小結
同五 蔵 間→前一
同七 荒 勢→前二
同八 琴 若→前三
同九 三杉磯→ 〃
同十 蔵玉錦→前四
同十一 豊 山→前五
同十三 鳳 凰→前九
同十四千代の富士→前十

 当場所、惜しくも負越しの7勝…は
平幕の3人だけ。
 勝越し1点が前頭七枚目から同十一枚目
まで…東・西何れかの力士がそれに該当。
 「技能賞」が3場所つづけて該当者なし。
“あっさり”した相撲内容じゃぁどうにも
なるまい。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 大阪幕内荒石は現雲仙…千々石... | トップ | 宇良、終盤全勝→三賞独占→秋... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
8勝7敗 (shin2)
2017-07-18 07:10:59
千秋楽勝って8勝目を挙げたのが8力士、その中には大関旭國やのちの大横綱千代の富士も含まれる。後にいろいろ週刊誌ネタになるが、まさかこんな時代からと思いたくはないが。
千秋楽負けて7勝8敗が天ノ山だけだが、対戦相手が栃光で、勝ったほうが三役昇進という相撲だった。天ノ山は生涯唯一の三役昇進のチャンスを逃した。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。