相撲史に関心・興味のある方どうぞ

相撲史に関心・興味のある方どうぞ

2日目小結、8日目は三段目と対戦

2017-02-13 20:58:13 | 日記
 幕末の嘉永四(1851)年二月場所
入幕した荒岩の天保十一(1840)年
十月場所〔当時 幕下20枚目〕の星。

初 日●鏡 岩(前一)
二日目●鰐 石(小結)
三日目●兜 山(幕下16)
四日目や
五日目●重 石(幕下14)
六日目◯温海嶽( 〃6)
七日目や
八日目◯嵐 山(三段目4)
九日目や
十日目や

 鰐石は後大関劔山で、「横綱辞退」説も
あるほどの強剛力士。
 当時だって、小結と三段目じゃぁ実力に
相当の“開き”があったはずである。
 こんな取組をつくられたんじゃぁ当の
力士も面食らってしまうだろうねぇ…。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 大正初期『中央公論』へ「名... | トップ | 「山の人生」に香峰が登場? »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。