相撲史に関心・興味のある方どうぞ

相撲史に関心・興味のある方どうぞ

三役陣の出欠情況 その66

2017-04-21 13:13:55 | 日記
※昨日の閲覧…359・訪問…157
トータル訪問者数 383,439

 寛政九(1797)年三月場所の三役陣。

東大関 陣 幕 楽日のみ不出場
西大関 雷 電  〃 〃 〃
東関脇 磐 石   〃  〃
西関脇 錦 木 5日間のみ出場
東小結 玉 垣 〔場所前 引退〕
西小結 千田川 7日間のみ出場

 “同名”力士が多く、鳥渡ばかり
ややこしいが、関脇盤石は後大関の
不知火、小結千田川は後の強剛大関
Ⅴ玉垣。
 前場所八日目なんか、千田川は自
身の後名である玉垣と対戦している。
往時はこんなことも珍しくなかった。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 二子山VS田子ノ浦 | トップ | 誤記と難解表記 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。