相撲史に関心・興味のある方どうぞ

相撲史に関心・興味のある方どうぞ

全敗が消えた星 その238

2017-06-22 13:39:11 | 日記
※昨日の閲覧…834・訪問…144
トータル訪問者数 393,345

 昭和三十八年夏場所、初日から5連敗した
幕内力士はいなかった。
 元小結若ノ海と・その次位の後小結廣川が
四日目まで連敗したが、五日目両者とも白星で
幕内全敗が消えている。

 当場所、幕尻の新入幕逆鉾が11勝をあげて
「敢闘賞」━兄弟子の鶴ヶ嶺も「技能賞」を獲得
している。
 彦山翁が、明治の名関脇逆鉾に“恰好”は似て
いる…と語っていたが、私行上の理由から「破門」
されて、遂に復帰せず、角界の損失だった。

 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 三役陣の出欠情況 その77 | トップ | 幕下(現十両)14人が幕内挑戦 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。