相撲史に関心・興味のある方どうぞ

相撲史に関心・興味のある方どうぞ

戦争と大相撲昂揚

2017-04-18 13:34:46 | 日記
※昨日の閲覧…570・訪問…219
トータル訪問者数 382,949

 少数派の意見かも知れないが、我が
日本が戦争当事国になる前・中・後あたり
は屹度大相撲の人気が沸騰点に……なんて
説がある。

 先ず、「日清戦争」の明治二十七八年、
横綱Ⅰ西ノ海時代で、Ⅰ梅ヶ谷の天覧相撲
の頃よりは鳥渡“中弛み”じゃぁなかったか。

 その丁度10年後の「日露戦争」は明治の
相撲爛熟期に入って「梅・常陸時代」は江戸
寛政の「谷・小野時代」に匹敵するほど…。

 次は、昭和時代の「太平洋戦争」中は、
「双葉山時代」━旧國技館は連日超満員の
盛況を呈していた。

 戦後の双璧「栃・若時代」の頃、日本は
“安保ただ乗り”であった。その端的な証左
として、ヴェトナム戦争を挙げたい。同盟国
大韓民國は軍を派遣して米軍に協力。一方、
自衛隊は当時「専守防衛」で我が世の春を
謳歌して済んだ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 4分は長いのか・短いのか…? | トップ | 記憶力が減退? »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。