相撲史に関心・興味のある方どうぞ

相撲史に関心・興味のある方どうぞ

真珠湾と広島・長崎、そして東京…

2016-12-28 13:06:15 | 日記
※昨日の閲覧…864・訪問…157
トータル訪問者数362,847

 昭和十六年十二月八日の旧大日本帝國に
依る布哇真珠湾攻撃は、あくまでも軍事施設
だけを狙ったものであり、同二十年八月六日
の「U235」を広島…、九日の「Pu239」を
長崎への投下や、同年三月十日の東京大空襲
とは全然そのレヴェルが違う。
 東京空襲では、力士や年寄など角界関係者
も犠牲になったり、機関誌『相撲』だって休刊
を余儀なくされている。
 兎に角、原爆投下と大空襲は、無差別に殺戮
を意図したものであり、国際法上でも許し難い
テロ行為と断ずるべきであろう。

 全力士⇒各相撲部屋⇒相撲協会が正統的なの
だが、実際は、部屋と協会とのあいだに「一門」
なるものが……。
 以下、国際的なものに擬えるとこんな風に…。

 例えば、出羽海一門春日野部屋。

アメリカ一門
 日本部屋
 韓國部屋

旧ソヴィエト一門
 東獨部屋━西獨部屋と合併し離脱、NATO一門へ。

中華…一門
 北…部屋

 その北の脅威に対抗すべく日・米・韓の結束が
重要なんだが、また反日・親北の新大統領誕生?
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『相撲浮世絵』の誤謬だった | トップ | 西方優位に非ず… »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。