相撲史に関心・興味のある方どうぞ

相撲史に関心・興味のある方どうぞ

全敗が消えた星 その204

2016-12-13 13:22:13 | 日記
※昨日の閲覧…655・訪問…325
トータル訪問者数360,271

 昭和三十二年秋場所、初日から十日目
までの星取表を真っ黒に塗り潰したのは
元大阪系横綱宮城山の直系弟子だった
嶋錦〔入幕前も島錦と書かれたことはない
と思うが…。〕━当時としても短躯・肥満
の“あんこ”型力士であった。
 当場所十日目〔不戦敗〕から休場、翌日
幕内全敗が消えている。
 尚、嶋錦は在幕31場所だが三役入りは
果せなかった。

 でも、鳥渡ばかり可笑しいな。彼が入門
したのは宮城山物故直後じゃぁなかったか。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 17世紀の相撲は京・阪が中心 | トップ | 西方優位はいつ頃までなの…? »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。