相撲史に関心・興味のある方どうぞ

相撲史に関心・興味のある方どうぞ

番附欄外OKだが、古新聞の欄外は読めず

2017-07-06 21:01:30 | 日記
 郷土紙の古新聞『長崎日日…』の大正
二年十一月二日づけ相撲記事の末尾に
括弧して…

以下欄外に續く

 …と、書いてあるので、図書館で再確認
したところ、ほとんど判読不能であった。

 当該資料は、同年十月・十一月・十二月の
3箇月分を綴じている。

 そして、マイクロフィルム化せずに、原本
の侭…。その劈頭箇所なんか保存状態不良、
すこしばかり破損している。〔相撲記事で
なくてよかった。〕

 欄外の記事なんか、図書館管理者は、
読めても・読めなくても…どうでもいい
━てなスタンスなのかも知れない。

 尤も、図書館の利用者のなかには、所謂
“不心得者”がいる。
 過日、尾崎士郎著『昭和時代の大相撲』を
閲覧したら、相当の部分が切抜かれていた。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 順延はなかったけれど…… | トップ | ファン待望の“初顔” 遠藤VS宇良 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。