相撲史に関心・興味のある方どうぞ

相撲史に関心・興味のある方どうぞ

錦絵制作、157年前の春?

2017-05-16 13:21:24 | 日記
※昨日の閲覧…550・訪問…162
トータル訪問者数 387,331

 N氏より頂戴した一陽齊豊國が描いた
3枚続き「東都大角力遊覽圖」の制作年
代は、以下の如く結論づけたい。左図の
大関雲龍、小結鬼面山、前3虹ヶ嶽の東
方トリオが揃って好成績をあげた場所後
のスナップであろう。

 それは、安政が「萬延」と改元された
直後の春場所。その打上げ後の…。
 当該場所、雲龍5勝2敗2分、鬼面山が
8勝1敗、虹ヶ嶽も6勝2敗1分だった。
 バックの花〔桜?〕も季節は「春」であ
ることを示唆しているであろう。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 天保五年冬、番附の謎とは…?! | トップ | 無気力は監察委の親方か、力士か »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。