相撲史に関心・興味のある方どうぞ

相撲史に関心・興味のある方どうぞ

番附…会議直後、新大関発表の嚆矢は?

2017-01-25 21:58:48 | 日記
拝復
 さて、去る一五日付でお問い合わせいただいて
おりました、「新大関の発表」の件、回答申上げます。
 まず、新大関発表の最初の事例については、分かり
ませんでした。
 そこで、伊勢ノ濱の場合ですが、大正二年五月場所後
に新聞各社が、同月二六日に行われた番付編成会議の
結果、大関昇進が決定され、そのことを本人および協会
員一同に発表したと報道しています。また、大関昇進のみ
は発表する慣例があることも記載されています。
 取り急ぎ、回答のみにて失礼いたします。    敬具

 新横綱の場合、往時協会が使者を隣県熊本の吉田司家へ
派遣して「仮免許」の話が決れば、事実上の横綱誕生と
なる〔江戸時代、秀の山雷五郎の免許年月は曖昧の侭、
今日に至っているが…。〕
 それで大正二年十月末の郷土紙へ番附予想記事が載って
おり、上記伊勢ノ濵に関して博物館に照会したわけだ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 何代横綱って、なんだい…? ! | トップ | 三役力士の出場率 その51 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。