相撲史に関心・興味のある方どうぞ

相撲史に関心・興味のある方どうぞ

三役力士の出場率 その63

2017-04-04 13:10:25 | 日記
※昨日の閲覧…491・訪問…185
トータル訪問者数 379,698

 寛政七(1795)年十一月場所の
三役陣。

東大関 陣 幕 八日目から休場
西大関 龍ヶ洞 不 出 場
東関脇 玉 垣 八日目まで出場
西関脇 八十ヶ嶽  不出場
東小結 勢見山 四日目から休場
西小結 花頂山 楽日のみ不出場

 横綱小野川は「肩の負傷」で…、
大関雷電は出雲の殿様への随行〔?〕
に因って番附にも載っていない。
 西方の大関と関脇は看板力士を
据えた。漢文調ならば「羊頭を掲げて
狗肉を売る」愚策だった。

 尚、陣幕は「陳幕」と書かれている。
漢和辞典を参照したら解るが、昔は
「陣」と「陳」との区別がなかった。
化粧廻しにも「陳…」となっている
錦絵がある。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 千穐楽翌日「優勝力士を囲んで」 | トップ | 明治大相撲カード別記録 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事