相撲史に関心・興味のある方どうぞ

相撲史に関心・興味のある方どうぞ

大関雲龍が連敗

2017-07-15 14:01:39 | 日記
※昨日の閲覧…870・訪問…133
トータル訪問者数 396,730

 安政五(1858)年春場所幕内取組順の
検証。

 六日目中入り前
東前七〇白眞弓─松ヶ枝(幕下)
〃前五〇大鳴門─荒 鹿●西前六
西小結〇平 石─荒 熊●東前一
東小結〇響 灘─才 槌●西前二
西大関〇猪王山─一 力●東前三

 六日目中入り後
東前八●武藏泻─綾 浪(幕下)
〃前四●和田ヶ原─錦 木〇西前四
西関脇●境 川─鬼面山〇東前二
東大関●雲 龍─鷲ヶ濱〇西前五

 中入り前5番は上位が…、中入り後
4番は下位力士がすべて白星だった。

 後横綱の雲龍は五日目につづいて
負けており、“下り坂”だったかも…。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 全敗が消えた星 その242 | トップ | 白鵬「鎧袖一触」で宇良「玉... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。