相撲史に関心・興味のある方どうぞ

相撲史に関心・興味のある方どうぞ

果して「幕尻格」なのか…?

2017-05-20 13:36:55 | 日記
※昨日の閲覧…1,204・訪問…207
トータル訪問者数 388,005

 天保五(1834)年冬場所の問題点は
いろいろある。
 番附外出場の渦ヶ渕は、大抵の本に
「幕尻格」あつかい━妥当か・否かを
検証しなければなるまい。

 文政11冬 〔三ヶ関改め渦ヶ渕〕
西前二枚目(幕尻から6枚め)
 
 文政13春〔番附に記載なし〕
西…七枚目格〔新入幕の幕尻荒熊より上〕
 文政13冬
西…二枚目〔幕尻6枚め〕
 天保2春
西…二枚目〔幕尻6枚め〕
 天保2冬~3春
西…二枚目〔幕尻6枚め〕
 天保3冬
西…四枚目〔幕尻から4枚め〕
 天保4春
西…六枚目〔幕尻から2枚め〕
 天保4冬
西…四枚目〔幕尻から4枚め〕
 天保5春
西…五枚目〔幕尻から4枚め〕
 天保5冬
西…何枚目格?

 ずっと幕尻格に据えられたことはない。
成績は必ずしも反映されないので、『…起
顯』で取組順序を調べてみよう。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 昔は自「働」車と表記していた | トップ | 五日目中入後“入掛”で幕内取... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。