相撲史に関心・興味のある方どうぞ

相撲史に関心・興味のある方どうぞ

二子山VS田子ノ浦

2017-04-20 20:56:22 | 日記
 今夜の話題━NHKTVでやっていた子の
つく名前。
 思い浮ぶ力士の醜名がないわけじゃぁ
ないけれど、100余の年寄名跡から…
「二子山」と「田子ノ浦」を登場させて
みたい。

 現役名はⅠ若乃花と出羽錦で“因縁”の
対決と云えなくもないだろう。引分け相撲
が3度もあるんだから……。

 ━と、云っても昭和三十年の2番は当時
全然知らなかったもの。だって吾輩は未だ
小学一年生だもの。周囲に相撲好きの人が
いなかったので致し方ない。

 3度めの水入り後引分けをラヂオで観戦
していて忘れられない。
 昭和三十三年九州場所七日目。前日まで
6戦全勝の横綱若乃花は、腰の重い出羽錦
を攻めきれなかった。
 出羽錦はその後、大鵬を閂から「極出し」
で破ったことがあった。
 兎に角、出羽錦は“半身”で防御の体勢
を取ることが多かった。

 若乃花は翌日、疲れが残っていたのだろう、
安念山にあっさり初黒星を喫してしまった。
 千穐楽、1敗の朝汐を破ったら鳥渡面白い
結果になったのに…。
 昭和二十六年秋以来、◯●以外が星取表に
記入された優勝力士となったはず。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 全敗が消えた星 その226 | トップ | 三役陣の出欠情況 その66 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。