相撲史に関心・興味のある方どうぞ

相撲史に関心・興味のある方どうぞ

幕尻対幕下12 破格の取組

2017-01-03 13:16:59 | 日記
※昨日の閲覧…756・訪問…170
トータル訪問者数363,734

 幕末、元治元(1864)年四月場所、
初日の取組編成が鳥渡ばかり解せない
のである。
 西前頭六枚目の東関が幕下21枚目
〔現代風ならば幕下十一枚目〕縄張、
おなじ西方幕尻(同八枚目)越の海が
幕下22枚目〔仝幕下十二枚目〕濵風
と各々対戦して、勝負結果は幕内力士
の白星だった。
 江戸時代、老齢力士に二段目の“弱者”
を取組ませる事例があったなぁ…。
 幕末だったか、お抱え藩関係者が相撲
會所〔現協会〕の番附や取組編成に“圧力”
をかけたらしいね。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 鳥渡ややこしい改元の話 | トップ | 幕末の平穏な土俵 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。