老いて楽しく

その時々の出来事

江ノ島

2017-06-16 11:52:11 | 日記
 
 

 過日 江の島 鎌倉を散策する会に参加させて貰った、この会の会員ではないが気持ち良く参加させて呉れた、一行21人、女性の方が多い。

 65年程前には毎年夏には江の島海岸へ、1~2回海水浴に行っていた、当時板橋に住んでいたが今ほど電車の便が良くない、どんなルートで江の島まで行ったのか記憶が無い、今はとても交通の便が良くなったが、当時満員電車に揺られて江の島まで行った、若かったから満員電車も苦にならなかったのだろう、江の島海岸駅周辺に商店はあったが、猟師の家 民家が点在するくらい、今回行って見たらマンションが建ち並び大変な発展、そうだろう半世紀以上過ぎているのだから。

 当時江の島海岸は、西浜は海の家が建ち並び、大変賑わって居た、一方東浜は人っ子一人いない寂しさ、長い藻が有り泳ぐと体に巻き付き危険を感じた、藻の中を歩くと雲丹を踏みつけ足に棘が刺さった、今程雲丹が珍重されず、拾って持って帰る事も無かった。

 鎌倉は30年程前、毎月のように通い各社寺を回った、その頃はカメラも持たず、各社寺の故事来歴や、庭園を見学した、今の様にデジカメで気楽に映像が残せれば良かったが、その時はフィルム写真でカメラは持っていたが、記録を残そうなんて意欲は全くなかった、何も記録が残って居ないのが残念。
 江の島周辺は大きく変貌したが、鎌倉の社寺は変化が無かった、只平日でも観光客の多さに驚く,

写真が多くなり今回は江ノ島に限り、鎌倉は次回に。

 
小田急江ノ島駅ワイド写真、
 
鎌倉に銭洗い弁天がり、お金を洗うと増えると云われているが、江の島の弁財天にも湧水が有り、「銭洗い白竜王」の湧水地が有り、銭洗いが出来る
 
江ノ島弁財天
 
中津宮
 
江ノ島奥津宮
 
江ノ島のシンボル、シーキャンドル、夜は綺麗らしい
 
島の裏側から江の島海岸駅まで行く遊覧船15分程
 
船から見た江の島
鎌倉は次回掲載
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 羽村堰と玉川上水 | トップ | かまくら »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。