老いて楽しく

その時々の出来事

暴利  ぼったくり

2017-04-20 16:02:53 | 日記
裕福な家?は大らか  
  我が家の近くの家で、透きガラスの窓へカラスが嘴から飛び込んだ、烏の嘴は硬くて鋭いガラスを割られてしまった、その家の主人が目撃していたと云う、、啄木鳥(きつつき)は鋭い嘴を以て木に穴を開ける、その衝撃に耐えるだけの機能を持っている、烏はその機能が無いので、衝撃で気を失うことが多いらしい、そのガラスを割った烏も、気を失いない下に落ちだが暫くして飛び立ったそうだ。

 直ぐガラス屋に連絡して入れ替えた、工事が終わって工事費請求額が何と¥43、600とか、90×90の透きガラスにしてはとっても高いと思う、普通90×90だと、出張費 工事費 ガラス代¥8,000が相場、特殊ガラスで¥12,000程、90×1,800の一枚ガラスでも¥16,000くらい、3倍も高い金額を請求され支払ったと云う、そこの奥さんが家内に話した、、私は友達がたくさんいるから、相談したら、保険が下りると教えられ、3,900円保険から支払われると喜んでいた、火災保険か地震保険かそんな保険が有るらしい、保険保障以前の請求金額が問題ではないのか・
 注文した時に費用を聞かなかったのかな、兎に角高い請求額だ、それを何の疑問も持たず支払い、保険が下りたと喜ぶ大らかな裕福な御仁である、だがこの無法な金額に疑問を持たない、保険給付を喜び、ちょっとおバカな御仁かも知れない。

 我が家で2月にトイレの水回り継手から水が漏れ始めた、継ぎ手のパッキングを修理すれば、数千円で済む、だが我が家も築40年、トイレは水圧式洗浄、大量の水を流す、今は改良されて、バキューム式も、トルネード式に改良され、キュッと吸い込み無くなった水だけ補充するほんとに僅かな水だ、床を張り替え最新式トイレにした。
 、
 1月末に左膝を傷め、整形外科に1ヶ月弱通った、膝を損ねた事もあって、階段両側へ手摺りを設置、我が家の階段は180度折れ曲がった階段で、踏み代も広くゆったり登れるが、年を取って転ばぬ先の杖、手摺りを設置した。
 
 30年ほど前になるが、会社の部下の奥さんが、階段を踏み外し一直線に落下、脛骨骨折で即死、階段は1間半で登ると傾斜も緩く踏み代も広い、1間で登り詰めると傾斜がきつく、踏み代も狭い、こんな階段をご利用のお年寄りはご用心。
 
 外の流しが古くなったので新規交換。  普通の雨降りでは何でもないが、台風時西から強風が吹きつける雨の時、台所出窓の所に雨漏りがする、建物の何処かに欠陥が有る、その場所を突き止めて貰いそこをコーキングして貰った。

 4点の工事を地元で馴染の工務店に依頼した、床を張り替え最新トイレを設置し、他の三点工事を含め、請求書は288,000円である、老後を快適に過せるなら安い金額だ。
 
 烏にガラスを割られた御仁、我が家は高級ガラスを入れたからと云う、、空気入り合わせガラスの断熱ガラスが有る、だがⅠ間窓の4分の1にそのガラスお入れても効果はないだろうと思う、そのガラスを入れたとしても高い金額だ。

 その昔2槽式洗濯機が支障を来たし全自動に替えた、全自動は水の使用量がぐんと少なく、2ヶ月に一度の上下水道請求書が大きく少なくなった、今回のトルネード便器でまた節水になり、水道料金が2千円以上少なくなった、高い家電も節電節水で、直ぐ元が取れ快適ライフが楽しめる。
 日本の工業技術向上は世界に冠たるものだ、快適ライフを楽しんでいる。、
 
   
この窓ガラス90×90で1枚が43,600円、特殊ガラスではなさそう  
 
   

此れは我が家の話、年を取り階段に手すりを付けた、転ばぬ先の

 
 
   
外の流し台長年使用でひび割れが有り、自分で補修したが  
 
   

今回大きく新しいのに交換した

 
 
   
   
   
   
   
   
   
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 同級生写真展 | トップ | うまかんべー祭り »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。